星の瞬き

月に寄り添う あの星のように
私もまた・・ 
小さく瞬きながら
あなたの傍で輝いていたい
その光は
小さく頼りなくても
貴方の心を満たすには
充分でしょうか?
貴方からもらった
優しさの分だけ
いえ・・もっとそれ以上に
貴方の傍で ずっと瞬いていたい




蒼月

寂しくなると 夜空を見上げるよ
その中にきっと 貴方の笑顔があるから

いつか貴方は言ったね

あの月の傍で
一番輝いてる星が
私だって

私にとっても
貴方は、満ちては欠け
満ちては欠けゆく
あの蒼い月なのです

優しげに光りを放って
私の心を 照らしてくれます